1144B: 家族が重篤な病気になったときー自分の在り方を考える

2017/07/07 17:15

1144B: 家族が重篤な病気になったときー自分の在り方を考える <説明欄>2017年6月23日 読脳セラピー教室 in 仙台に 脳出血の後遺症を訴える男性とご家族が参加しました。 病院のあり方、そして今後、患う家族を支えるために自分たちはどうあるのがいいのか、についての講義がありました。脳の情報を読む「読脳法」の開発者 伊東聖鎬(読脳アカデミー・CWインターナショナルスクール研究会代表)は、 姪の障害をきっかけに「病気とは何なのか?」「生きるとはどういうことなのか?」を研究してきました。医学では解決できない病気や症状を抱えた人と向き合う中で、発見した情報を全国の医...
"1144B: 家族が重篤な病気になったときー自分の在り方を考える" の続きを読む