1165B: 「どこに行っても良くならない」から抜け出すための読脳

2017/08/02 18:17

1165B: 「どこに行っても良くならない」から抜け出すための読脳 <説明欄>2017年7月2日 読脳セラピー教室in 大阪での講義です。脳の情報を読む「読脳法」の開発者 伊東聖鎬(読脳アカデミー・CWインターナショナルスクール研究会代表)は、 姪の障害をきっかけに「病気とは何なのか?」「生きるとはどういうことなのか?」を研究してきました。医学では解決できない病気や症状を抱えた人と向き合う中で、発見した情報を全国の医療者に伝えるためにセミナーを開催し、本当の意味で患者さんに協力できる人材を育成しています。また一般の人に対しては、『自分の体(事)は自分で良くしよう...
"1165B: 「どこに行っても良くならない」から抜け出すための読脳" の続きを読む